Jump to content
Sign in to follow this  
mattoko

川ムール貝

Recommended Posts

freshwater_mussel_one_thumb_png_d69f1e17548b5bf8e3904ec92a5a79e9.png.a7d2b839d3591b9d752978e5d27cc677.png

川ムール貝 (River mussel)
説明と発生地:川ムール貝(Unio)は、ユニオン科の属しています。これは、ヨーロッパ、北アフリカ、および中東の流水および静水域で広く見られます。東アジアにもある種です。
川ムール貝が底を移動すると、ギザギザの道が残されます。したがって、それらを簡単に発見することができます。
ムール貝は、純粋なタンパク質の優れた供給源であるため、ほとんどすべての魚種の餌の範囲に属します。
優れた釣りのルアーとして、川ムール貝の肉が使用されます。理想的には、これは他の餌と組み合わせて使用されます。他の餌は一貫して貝に似ている必要があることに注意する必要があります。たとえば、川ムール貝の肉と雄のコガネムシの幼虫を組み合わせると、大型のブリームやナマズの優れた餌になります。大型のテンチを捕まえるには、川ムール貝の肉を虫やうじ虫と組み合わせることができます。

食べ物:川ムール貝は水中の藻類、浮遊粒子、小さなプランクトンを食べます。

大きさ:川ムール貝は楕円形で、円周は5〜10 cmです。

レコード (緑旗):g
トロフィー (黄旗):190g
レアトロフィー (青旗):g

生息地
曲がりくねった小川 (Winding Rivulet)
ベラヤ川 (Belaya River)
クマの湖 (ベアー湖、Bear Lake)
ヴォルホフ川 (Volkhov River)
セヴァースキードネッツ川 (Seversky Donets River)
スラ川 (Sura River)
アクツバ川 (Akhtuba River)
ニズナヤ・ツングースカ川 (Lower Tunguska River)

Share this post


Link to post
Share on other sites

Please sign in to comment

You will be able to leave a comment after signing in



Sign In Now
Sign in to follow this  

×
×
  • Create New...